コロナウイルスと電磁波の関係

コロナウイルスの感染者数が東京などの首都圏でも

どんどん増加傾向です。

ネットの噂で、

ウイルスの拡散された地域と5G普及が関係あるなどとも

言われていますが、

噂はともかく、

人は電磁波を長時間浴びるほど、

免疫力が弱くなるため、

コロナウイルスに関わらず、

感染症にかかりやすくなってしまいます。

 

まして、これだけコロナウイルスの騒ぎですから、

外出を控える、

家にこもって、ネットで情報検索、

ネットで時間潰し、

ネットで仕事をするなど、

ますます電磁波を浴びる環境になっていきています。

 

電磁波の強弱も免疫力に大きな影響はありますが、

電磁波を浴びる時間の長さが免疫力に大きな

影響を与えます。

 

自律神経の整体で検査してみると、

やはり、

小学生までのお子さんが1番電磁波の感受性が高く、

次に、成人女性や電磁波などのエネルギーに敏感な

過敏症の人達が大きく免疫力をさげている反応が出ます。

 

特に恐ろしいのは、

小学生までのお子さんの場合は、

脳のバリア機能が未熟なため、

頭の骨から5㎝先まで電磁波が到達している事があり、

当然、脳の奥底まで免疫力が下げられてしまっている

ケースがあるのです。

それによって、脳内にも感染症が

罹りやすくなったり、

精神的な不安定感、自律神経の障害が

現れたりすることも。

 

今、深刻になっているコロナウイルスは、

子供たちには感染しにくいと言われていますが、

長時間、スマホを使用していたり、

勉強などで長時間の動画を視聴している

お子さんは、

免疫力そのものが弱っていますので、

コロナウイルスに関わらず注意が必要です。

 

免疫力を上げることも大切ですが、

まずは、本来持っているウイルスをやっつけてくれる

身体の免疫力を下げないようにしましょう。

 

1番良いのはスマホなどの電磁波を浴びる機械を

一切使用しないことですが、

現代社会では残念ながら不可能です。

 

電磁波を浴びる量を減らす努力は必要ですが、

浴びてしまった電磁波を身体の外部に出すことに

力をいれましょう。

お風呂、プール等の水に浸かることで、

電磁波はある程度抜けますし、

食事に気をつけることで、

体内の重金属を減らし、

帯電量も減ります。

無用なワクチンを打たない、

解毒できるサプリメントの摂取をする、

青汁などの野菜等で腸内をきれいに整える

などなど、

自分で出来ることもたくさんあるので、

どうしても、

長時間、スマホ等の電磁波を浴びてしまっている人は、

電磁波を身体の外に出すことで、

積極的にコロナウイルス対策をしましょう。

 

自律神経の整体でも、

身体の流れを阻害するものを取り除く、

施術を行いますので、

当然、体内の電磁波も排出していきます。

重度の電磁波蓄積の場合だと、

1回では無理ですが、

お子さんの場合は蓄積しやすく、

排出しやすいので、少ない回数でも

自律神経の整体で電磁波を完全に排出させることが

出来ます。

 

子供、大人に限らず、

電磁波が蓄積している人は、

頭の形が、

健康的な卵型から四角の形、台形の形のように、

頭が尖ってきます。(尖る場所はそれぞれ)

 

最近、なかなか疲れが取れない、

頻繁に発熱や頭痛がある、

身体がだるい、重い、

機嫌が悪い、

頭の形が悪い等々、

体調の不良が続いているようなら、

自律神経の整体を受けて、

検査をしてみて下さいね。

 

 

 

岡山市の女性専門のあたまの整体と骨盤矯正、妊活整体、不妊鍼灸 診療時間

ご予約・お問い合わせはお気軽に

Tel086−250−8801

Tel086−250−8801
タップして電話する

〒700-0973 岡山市北区下中野350−105
瀬戸大橋線備前西市駅より、北へ徒歩15分

ページトップへ戻る