医療従事者は定期的に身体をセルフ浄化しましょう。

医療従事者の仕事に就いている人、

特に精神科、心療内科などの人のココロに関わるところや、

救急、ICUなど、人の生命に関わるところに従事している人は、

定期的に自分の身体を浄化する事をオススメします。

 

身体を休めても疲れが取れない、

薬を飲んでも痛みが引かない、

毎日、身体の何処かが痛む、

精神的なアップダウンが激しい、

夜中に何度も目が覚める、暗闇が怖い、

人間関係のトラブルが頻繁に起こるなど、

身体や人間関係の不調が出だしたら、

出来るだけ早めに身体の浄化を行いましょう。

 

セルフ浄化の方法としては、

1番簡単なのは、

お塩で身を清める事です。

お葬式の帰りにやるやつですね。

塩は塩化ナトリウムではなく、出来る限り自然の粗塩を

使用するようにしましょう。

 

帰宅時に玄関前で塩を身体にふってもらう。

または、お風呂で頭を洗う前に頭の上から振りかけて、

しばらくおいてから身体を洗うなどがオススメです。

(5分くらいで良いかと)

 

玄関の盛り塩なども有効ですが、

医療従事者の場合、マイナスエネルギーの蓄積が酷いので、

毎日、盛り塩を変えなければいけないので、

面倒なのが難点です。

 

塩での清めは軽度の浄化には有効ですので、

医療従事者の人は、

ぜひ、毎日の生活習慣に取り入れて欲しいものです。

 

次回は重度のマイナスエネルギーの蓄積時の場合、

どうするのか?

をお伝えしていこうと思います。

 

 

 

岡山市の女性専門のあたまの整体と骨盤矯正、妊活整体、不妊鍼灸 診療時間

ご予約・お問い合わせはお気軽に

Tel086−250−8801

Tel086−250−8801
タップして電話する

〒700-0973 岡山市北区下中野350−105
瀬戸大橋線備前西市駅より、北へ徒歩15分

ページトップへ戻る