2020年は妊活治療(鍼灸、整体)に最適な1年なのかも

うちは妊活の症例数が専門院と比較すると、

たくさんあるわけではないのですが、

(開業以来12年間妊活サポートはしています)

今年は当院でも難治生妊活の方の妊娠が増えています。

(10年以上1回も妊娠していない人や不育症の人などなど、)

 

良くも悪くも、コロナウイルスによる影響で、

自宅で過ごす時間が増え、

家族と過ごす時間が増えています。

 

コロナ離婚も流行ってるみたいですが、

妊活をしている、妊娠を希望している、

ご夫婦にとっては、

2人で過ごす時間も増え、当然、会話も増え、

親密さが増しているようにも思えます。

 

生物学的な不妊でなければ、

人は必ず妊娠して、出産できるようになっています。。

最適な時期に最適なタイミングで

妊娠、出産が出来ないのは、

ご夫婦の日常生活に妊娠を阻んでいる要素が

何処かにあるだけなのです。

(60代の人で妊娠、出産した人もいるくらいですし。)

 

では、なぜ今年がコロナ騒ぎに関わらず、

妊活治療にとって良い年なのか?というと、

上記の夫婦の親密さが増しているのが1点、

社会不安は増しているものの、

職場、知人、友人、身内との物理的接触が減っているため、

第三者からのエネルギー的な邪魔が減っているのが1点、

職場、通勤ルート、出掛け先、旅行場所等への、

外出も減っているため、

土地のマイナスエネルギーによる邪魔が減っているのが1点、

あと1点は、スピリチュアルの観点からコロナウイルスによる

影響によってプラスに働いているのが1点と、

(詳しくはここでは書けませんが)

 

今までは、どんなに努力をしても妊娠出来なかった人でも、

様々な邪魔が減っているため、

妊活の施術の効果が他の年と比べて、

長続きしているからです。

 

妊活は、

いわゆる従来の妊活の肉体面(各臓器、栄養、休養)のアプローチと

精神面(夫婦の考え方の一致や身内のサポートなど)

のアプローチに加えて、

家系や土地、職場、身内の人間関係などの

スピリチュアル要因とあわせて、

施術、養生していくことが大切です。

 

どっちが欠けても、

健康的な妊娠、出産は上手くいきません。

 

スピリチュアル要因のマイナスが少ない、

減っている今は、

肉体、精神面での(施術による)アプローチで

結果が出やすいのですから、

マイナス要因が半分になっている今年は、

何年やっても上手くいかなかった人ほど、

妊活に挑戦してみて欲しいと思います。

 

自粛の生活は、

妊活という面からみると、

あながち悪いものではないですね。

 

自粛生活も徐々に緩和されてきてますから、

早めの妊活をスタートして、

今年は新しい生活様式にチェンジしていきましょう!!

 

 

岡山市の女性専門のあたまの整体と骨盤矯正、妊活整体、不妊鍼灸 診療時間

ご予約・お問い合わせはお気軽に

Tel086−250−8801

Tel086−250−8801
タップして電話する

〒700-0973 岡山市北区下中野350−105
瀬戸大橋線備前西市駅より、北へ徒歩15分

ページトップへ戻る